ダイハツ・タフトのボディキットがDAMDから早くも公開!80s風レトロ風&ランドローバー風!?

6月10日発売のダイハツ・タフトですが、早くもカスタムキットが公開されました!

今や時代はニューレトロ。

80年代の4WDクロカンや、ジープをモチーフにしたカスタムキットが激ヤバです!

DAMD

今回いち早く、タフトのボティキットを発表したのはエアロパーツなどの開発販売で有名なDAMD(ダムド)です。

国産自動車メーカー純正のカスタムパーツなども取り扱っているため、自動車のカタログなどでもおなじみのメーカーですよね。

パーツは取り付けたことがなくても名前は知っている方も多いかと思います。

最近では、時代の流れからか軽自動車にも力を入れているようで、N-VANやジムニーなどの、軽四のパーツも充実しています。

N-VAN MALIBU

出典;DAMD

ジムニーをベンツのGクラスに見立てた「little G」は大きな話題となりました。

Jimny little G.

出典;DAMD

タフトのボディパーツ発表

そのDAMDが、タフトの発売日に合わせ、勇み足過ぎちゃう?と思えるくらいの速さで、カスタムボディキットを公開しました!

メーカーとの裏コネがあって、発売前のタフトを手に入れて開発したのかと思いきや、現在はまだ開発中とのこと…。(;’∀’)

当然ですよね。(^^;

と言う訳で今回DAMDから公開されたのは、CGと言うことですが、ほぼこの形のまま発売されることは間違いないでしょう。

発表されたスタイルは2種類。

それでは詳細を見てみましょう。

TAFT little D.


出典;DAMD

上げ系のカスタムを施されていますが、メインにはグリルとバンパーしか変わっていないのに、全く別の車両にも見えますね。

同社のジムニーをランドローバーのディフェンダーに見立てたボディキット「JIMNY little D.」のデザインを新型タフトに移植したデザインになっています。

Jimny little D.

出典;DAMD

見た目、サバイバルゲームに乗っていくにはもってこいと言った感じの車両ですね。

カラーリングは純正のカラーと言うことで、ミリタリー感を求めるのなら、このカラーで決まりと言った感じでしょう。


出典;DAMD

ジムニーはほぼ2人乗りですが、4人ゆったり乗れるジムニーがあればと言う方にはお勧めのカスタムではないでしょうか。

TAFT 80’s(タフト エイティーズ)


出典;DAMD

こちらは角型ライトとあいまり、ランクル60ぽさが伺われるデザインですね。

サイドストライプもそれっぽいデザインになっています。

実際にその頃の4WDクロカンをモチーフにデザインされたそうですから参考車両は歴然ですよね。

60系ランドクルーザー

出典;カーセンサー


出典;DAMD

バンパーは「TAFT little D.」と共通。

little D.との違いのメインはグリルだけですが、随分雰囲気が違うものですね。

さて、「little D.」と「80’s」、あなたならどちらを選びますか?

ノーマル

比較のためにノーマルボティを掲載してみました。

こちらは純正オプションの装着車

出典;ダイハツ工業

素のタフトと比べるとその違いは歴然ですね。

関連記事:ダイハツ・タフトが発売!気になる燃費は?アウトドアに最適!?ネットの反応やCMはこちら!

関連記事:ダイハツタフトの旧型ってどんなの?新型ダイハツタフトは実は新型ではなかった!?初期型とは?

関連記事:スズキ・ハスラーのカスタムボディキットがDAMDから公開!軍用系にシブカワ系クラッシクタイプ!!

まとめ

ダムドの発表では、2020年内にタフトのボディキットの発売を目指して、現在開発をおこなっているそうです。

なので、発売が始まりましたら、またこちらの記事を追記させていただきますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする