スズキ・ハスラーのカスタムボディキットがDAMDから公開!軍用系にシブカワ系クラッシクタイプ!!

タフトと言うガチなライバルが出現したスズキ・ハスラー…。

昨年のモデルチェンジ後も変わらぬ人気を誇っていますが、この度、アフターパーツメーカーのDAMDから、2種類のボティキットが発売されました。

いったいどのようなものなのかちょっと覗いてみましょう!

DAMD

今回、スズキ・ハスラーのボティキットを発表したのはエアロパーツなどの開発販売で有名なDAMD(ダムド)です。

国産自動車メーカー純正のカスタムパーツなども取り扱っているため、自動車のカタログなどでもおなじみのメーカーですよね。

パーツは取り付けたことがなくても名前は知っている方も多いかと思います。

最近では、時代の流れからか軽自動車にも力を入れているようで、N-VANやジムニーなどの、軽四のパーツも充実しています。

N-VAN DENALI

出典;DAMD

ジムニーをベンツのGクラスに見立てた「little G」は大きな話題となりました。

Jimny little G.

出典;DAMD

ハスラーのボディキット公開

今回DAMDから、ハスラー向けに公開されたカスタムボティキットは、ミリタリー感満載の「HUSTLER Carabiner」とレトロ感あふれる「HUSTLER Classico」の2種類。

では早速、見てみましょう。

ちなみにノーマルボティはこちらになります。


出典;スズキ自動車

カスタムパーツを取り付けることにより、どのように変わるのでしょうか…?

HUSTLER Classico

こちらはレトロな車をイメージたカスタムボティキットになります。


出典;DAMD

いかにもクラッシックスタイルと言う感じですね。

丸目を採用していることで、ラパンぽくも見えます。

シブカワ系のデザインで、ハスラーのカラフルなカラーバリエーションにも対応していて、グリルのカラーは他に黒色、バンパーカラーはシルバーとガンメタがあるので、好みに合ったカスタマイズが可能となっています。


出典;DAMD

グリルデザインはスズキがかつて発売していた「スズライト」をモチーフとしているそうです。

スズライト

出典;車選び.com


出典;DAMD

サイドストライプは無しか、何か他のものがあったほうがよいように思えます。

変更点はグリルとバンパーのように見えますが、純正のライト枠は外されていて、なんと、ボンネットも変更されています!

純正のボンネットに被せてあるだけのようですが、純正よりボリュウーム感が出ているのがわかると思います。

ジムニーのボンネットデザインに似ていますね。

HUSTLER Carabiner

出典;DAMD

こちらはかなりインパクトのある仕上がりになっています。

アーノルドシュワルツェネッガーが乗ってる雰囲気バリバリですね。

まるで軍用車両です!

上げ系のカスタムはされていますが、基本のカスタムパーツはグリル以外「Classico」と同じになっています。

車体色はクールカーキパールメタリックが利用できるので、新車からカスタムを考えている方はこの色で決まりですね。

黒の車体にも似合いそうです。


出典;DAMD

ルーフラックは今時のSUV系カスタムの定番ですね。

カスタムにお金は掛かりますが、車体はジムニーより割安ですしジムニーは、ほぼ2人乗りと言ってもよい室内になっているので、4人ゆったり乗れるジムニーがあればと言う方にはお勧めかもしれませんね。

このカスタムはかなり目立つと思います!

まとめ

今回ダムドから発表されたボティキットはスズキ・ハスラーと発売されたばかりのダイハツ・タフトの2車種。

ダイハツ・タフトのボディキットがDAMDから早くも公開!80s風レトロ風&ランドローバー風!?
6月10日発売のダイハツ・タフトですが、早くもカスタムキットが公開されました! 今や時代はニューレトロ。 80年代の4WDクロカ...

ガチでライバル車となるであろう2車種のパーツ同時発表は、話題を取る上での同社の戦略とも言えるでしょう。

どちらの車両パーツとも現在の所、未発売です。

ダムドの発表では、2020年内に両車のボディキットの発売を目指して、現在開発をおこなっているとのこと。

なので、発売が始まりましたら、またこちらの記事を追記させていただきますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。