安い!2,980円の格安キャンプコットを買った結果がヤバかった!寝心地は?【レビュー&組付け方】

コットとは、キャンプなどに使う簡易ベットのことですが、今回は自宅で使う簡易ベットとして、最安値のものを購入してみました。

安いコットですが意外と軽量。

果たして使い物になるのでしょうか?

レビューや組付け方をご紹介いたします!

コットとは

キャンプで使うコットは、ベットとして使ったり、ベンチや地面に置いておきたくない物を置く場所として重宝するアイテムです。

特に秋冬のキャンプでは地面からの冷気をカットし、夏は熱を下方へ逃すことができるため、快適に就寝できるため重宝します。

また、地面の湿気や凸凹などの影響から逃れることができると言うメリットもあります。

軍や自衛隊が使っているタイプのものはGIベットなどとも言われています。

格安コット購入

今回は、キャンプ用ではなく、自宅で夏を快適に過ごすための簡易就寝ベットとして、購入しました。

特に、持ち運ぶでもないため、重量は気にせず、組み立ても簡易である必要もないため、ネットショップで最安値のものを購入。

税込み、送料別で2,980円でした。

スペックは以下の通り

サイズ 約 縦183cm×横66cm×高さ43cm
収納サイズ 約 86cm×19cm
耐荷重 約 100kg
重量 約 5.7kg
フレーム スチール

スチール製のわりに意外と軽量です。

同タイプで、7㎝長めのコールマンのスチール製ハイコットは10㎏ですし、アルミフレームタイプのものも5.5kgを超えるので、〔スチール製=重たい〕と言うわけでもなさそうです。

   

組み立て方

発送されて来た箱を開けるとこんな感じで、外袋に入った本体がいきなり出て来ます。

良いのか悪いのか、過剰包装でないところがエコですね…。

恐らく、化粧箱に入れ、ナイロンで本体が包装されていれば+500円くらいにはなるのでしょう。

収納袋から出した本体はこんな感じ。

よく見てみると収納袋に穴が…(;’∀’)

まぁ、ダイレクトにダンボールに入れていればこのくらいの穴は開くでしょう的な…。

収納袋で寝るわけではないので、目をつむりました。

フレームを広げて行きます。

布生地の裏はナイロンで補強されています。

通気性を望んでいたのですが、ちょっと残念な気がしました。

左右の足を270度展開します。

こんなに折り目が付いていて大丈夫なのか不安になります。

生地が金具に挟まっている感じになっていたので慎重に展開します。

ここでまた不良個所発見!

角パイプと角パイプを繋ぐ金具を止めてあるビスにナットが付いていなく、壊れています!

収納袋の中を探してもナットは見つからなかったので、製造工程で付け忘れられた可能性が高いです。

普通なら返品交換といったところになる不良ですが、それも面倒なので自宅にあったナットをゆるみ止めを付けて締め付けておきました。

修理して、さらに展開します。

付属で角パイプが2本ついていますが、これは縦の張りを出すためのもの。

布生地に通して、組み立てて行きます。

角パイプの穴と、フレーム端の凸を合わせます。

片側はテンションが掛かっていないため、簡単に装着できます。

問題は反対側…。

かなり硬いです。

マイナスドライバーを使い、こじるようにして組み立てました。

キャンプにコットを持って行く場合は、何か道具を持って行くか、ブレードの厚いナイフでも持っていないと使えずじまいになってしまう可能性がありますね。

とりあえず完成!

いい感じにシワも伸びています。

自宅に居ながらにしてちょっとアウトドア気分になれますね。

レビュー

サイトの説明によるとグリーン・スカイブルーのカラーのコットにはサイドポケットが付いていないと言うことでした。

しかし、今回、グリーンを購入しましたがサイドポケットは付いていました。

スマホや財布を入れておくには不用心ですが、組み立ててしまうと行き場のなくなる収納袋を入れておくには便利です。

寝心地は張りがあり良い感じです。

布生地の質感も悪くないですね。

ベンチとしても使えるように商品説明に記載されていましたが、大人がベンチとして使うにはちょっと張りが弱いように思いました。

全体的なフレームの剛性はとても確りしている印象です。

値段を考えれば致し方ないところだと思いますが、縫製に雑な所があります。

それから、組付けのところでも書きましたが、フレームのビスにナットが掛かっていなかったり、収納袋に穴が空いていたりと、全体的に雑な印象はぬぐえないですね。

ただ、2,980円と言う値段を考えるとそれでも安い!と言えるくらいの商品ではあると思います。

今回は業者に対し返品、クレームなどはしませんでしたが、不良品が送られてくれば対応してもらえば良いわけですから、そう言った手間が面倒でなければ、とてもお買い得な商品だと思いました。

恐らく、確りとした検品と梱包がされ、ブランドロゴが入ればこの倍くらいの値段がする商品であってもおかしくないと思います。

キャンプコットデビューしよう!みんなが選んでるコット9選!【2020】
キャンプコット、使てみたいけどどれにすればよいのか迷ってしまう…。 そんなあなたのキャンプコットライフのために、この記事ではECサイト...

数日使ってみて…

コットの上にタオルケットを一枚敷いて使っていますが、意外と蒸れません。

身長170㎝ですが、多少、足元と頭部の角パイプが多少気になりますが、特に寝るのに気になったりはしてません。

意外とうつ伏せでも寝れます。

熱は効率よく逃げていくようで、布団のように体温で温まっていないところを探して寝返りを打つなんて必要はなくなりました。

夏、布団で寝ているときはイエジラミに悩まされていましたが、今のところ刺されていません。

個人的な難点としては、ツボ押し器具が使えないと言ったところですね。(笑)

自分的には自宅の夏用ベットとして買って正解でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。