【2020年】夏におすすめ!ジーンズデニムライディングパンツ・ランキング上位8選!

カジュアルに着こなせ体を保護し、比較的涼しくライディングを楽しむことが出来るのデニム生地のライディングパンツです。

この記事ではECサイトで人気のジーンズ・デニムのライディングパンツの中からおすすめ商品を厳選してご紹介いたします。

なにかと重宝なジーンズパンツ

春から夏、そして初秋に掛けて重宝するのがジーンズ・デニムのライディングパンツです。

生地の厚みのあるデニムは体を保護するのに役立つうえ、比較的風通しも良く、吸湿性も高いため、発汗時の不快感を軽減してくれるなどメリットに優れています。

また、カジュアルなデザインのため、ガチなバイクウェアのようにバイクから離れると浮いてしまうと言った違和感も生まれません。

バイク用として販売されているデニムパンツはライディング機能も充実しているため、ライダーであれば、最低でも1本は持っておきたいアイテムですね。

さて、そんなライダーの皆さんはどんなジーンズライディングパンツを選んでいるのでしょうか?

それでは早速見てみましょう!

関連記事:夏におすすめ!ジーンズデニム・ライディングパンツの選び方!【2020年】

ノーブランド・ストレッチジーンズ

楽天やAmazonでトップを独占しているのがこちらのストレッチジーンズパンツ。

売れている理由は低価格のわりに機能の充実していることでしょう。

大腿骨パッドと膝パッドが標準装備されていて、ライディングポジションの妨げにならないように立体裁断が採用され、デニムにはストレッチ素材が使われている上に腰部分とふくらはぎ部分にはシャーリングが施されています。

カーゴタイプとなっているためポケットが多いのもうれしい装備ですね。

カラーはブラック、ブルー、カーキの3色。

参考購入価格(税送料込み)6,600円~

   

PMJ Titanium

イタリア生まれのPMJのTitanium(チタニューム)はジーンズライディングパンツの最高峰として知られるモデルです。

イタリアのデニムパンツとして、初のCE規格(競技ライディング部門[EN13595])の認定を受けていて、そのスペックはレーシングスーツに匹敵すると言われています。

TitaniumはPMJが誇る技術を全て盛り込んだモデルで、デザインはスリムフィットで美しいシルエットに仕上がり、ストレッチの効いたデニム生地を採用することにより、体の馴染みがよく、履き心地に優れたジーンズとなっています。

また、ひざ部分は立体縫製され、膝脇の縫い合わせ部分にあるファスナーにより、ひざのプロテクターが簡単に出し入れできる構造になっています。

股上は深めでライディング時に程よい余裕を持たせた作になっているのもうれしいところです。

裏地はなんと防弾繊維を使った補強が施されていると言う徹底ぶり。

まさににジーンズライディングパンツの最高峰と言えるモデルとあってか、高価なモデルですが楽天ではジーンズライディングパンツ部門でランキング2位になるほどの人気商品となっています。

参考購入価格(税送料込み)37,400円

   

PMJ New Rider

New Rider(ニューライダー)は、PMJデニムのエントリーモデルです。

シンプルなデザインですが、PMJ独自開発の生地T-Tex(R)を使用することで、通気性のある柔らかい履き心地でライディング姿勢に心地よくフィットします。

また、摩耗や切り裂きに強いのも特徴です。

股上は深めでライディング時に程よい余裕ち、裏地がないため、カットやロールアップなど自由なアレンジが可能となっています。

参考購入価格(税送料込み)16,500円

   

DEGNER DP-27

DEGNER(デグナー)は主にバイク用革製品を中心に発展してきた京都発祥のブランドで30年の歴史を持ちます。

このDP-27は皮を得意とするDEGNERらしく、デニムに牛革のヒートガードが施されたモデルとなっています。

ヒートガードはふくらはぎの内側をはじめ、太ももの内側にも設けられ、エンジンやマフラーからの熱を軽減するのに役立っています。

その他、ヒザ上や腰部分にシャーリングが施され、ヒザを曲げ伸ばす場合や、前傾姿勢を取る場合などにライダーの負担を軽減するようにデザインされています。

また、ヒザに標準装備されたプロテクターは、外側から着脱が可能で便利です。

参考購入価格(税送料込み)20,350円

   

56design【EDWIN 056 Rider Jeans】

56design(56デザイン)056 SMART RIDER JEANS CORDURAは、あのジーンズ有名ブランドEDWINと56デザインがコラボすることにより生まれたモデルです。

履いた時の細身のシルエットに拘ったスマートフィット仕様となっていて、EDWINとのコラボ製品らしくリベットひとつに至るまで細部にまで拘った造りとなっていて、人気モデルとなっています。

生地には動きやすいストレッチ機能を残しながらも、エドウィンの耐摩耗性検査で、通常の20倍以上と言う摩擦強度結果を叩き出した驚愕のデニムが使用されています。

また、当然のように立体裁断が取り入れられていて、膝部分には、ひざプロテクターを装着できるポケットが装備されています。(プロテクター別売り)

参考購入価格(税送料込み)15,180円

   

KOMINE WJ-731S フルイヤーケブラージーンズ

コミネのライディングパンツは定番ですよね。

中でも人気なのは 【WJ-731S フルイヤーケブラージーンズ】です。

その名の通り4シーズン使えるジーンズライディングパンツで、両腿と腰部にベンチレーションを装備されていて、夏場には快適に風を逃すことができるデザインとなっていいて、ヒザにはレベル2CE規格プロテクターを着脱しやすい外入れ式で装備されています。

また、ストレッチデニムとシャーリングのお陰で抜群のフィット感と動きやすさをライダーに提供するとともに、快適性を考慮し着脱透湿防水ライナーを標準装備。

さらに高強度繊維ケブラー® をヒップと膝の裏地に使用した至れり尽くせりのフルイヤー仕様高機能ジーンズライディングパンツとなっています。

参考購入価格(税送料込み)12,630円~

   

KOMINE【WJ-739S】

続いてもコナミですが、こちらは【WJ-739S スーパーフィット プロテクトメッシュジーンズ】と言う春夏仕様のモデルでデニム生地の随所にメッシュ生地が施され通気性を重視したモデルとなっています。

また、【WJ-731S フルイヤーケブラージーンズ】同様にヒザや腰部分の曲げ伸ばしに考慮したシャーリングが設けられ、3段階の位置調整が可能で外入れ式のひざプロテクターが標準装備されています。

参考購入価格(税送料込み)10,000円~

   

KOMINE【WJ-732R】

こちらはコナミのジーンズライディングパンツのエントリーモデルとなります。

膝のプロテクターや、立体裁断などの採用は取り入れられていて、普段履き用にも重宝するモデルとなっています。

また、裾を折り曲げると夜間の走行に安心なリフレクターが出てくるようになっているのもうれしい装備です。

参考購入価格(税送料込み)6500円~

   

まとめ

いかがでしたか?

ジーンズデニムライディングパンツの売れ筋商品は、機能やブランド重視か、価格重視かのどちらかに分かれていると言った感じになっているように思います。

普段使い兼用なら、最低限プロテクターが装着できるものであれば安価な物でも問題ないと思いますが、本格的に着こなすのであれば高機能なものがよさそうですね。

この記事があなたの良いパンツ選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。