夏におすすめ!ジーンズデニム・ライディングパンツの選び方!【2020年】

夏のバイク…。

ウェアはどうしてますか?

上はメッシュジャケットを軽く羽織って…

じゃ下は?

カジュアルにバイクに乗りたい方はやっぱりジーンズデニムですよね。

この記事ではジーンズデニムの選び方や、売れ筋お勧めデニムライディングパンツをご紹介!

デニムライディングパンツと言う選択肢

夏のライディングパンツと言えば通気性に優れたメッシュパンツを思い浮かべる人も少なくないかもしれません。

確かにメッシュパンツは通気性に優れている素晴らしい商品ですが、バイクを少し離れるとかなり浮いてしまいます。

デニム生地は通気性に優れていないようでも、走行中はかなり風を通しますし、生地が綿で出来ているため、汗をかいたとき適度に吸湿してくれるため、メッシュパンツで汗をかいたときのような不快感はありません。

何よりも、夏でもたくさんの方がジーンズを履いているわけですから、夏パンツとして使えないわけがありませんよね。

実際、ECサイトの夏季の売れ筋ランキングを見てもジーンズデニムは多数ランクインしているほど売れています。

何よりも良いのが普段使い出来ると言うことですよね。

ジーンズデニムパンツの選び方

カジュアルに街中を歩くためのジーンズなら、デザインやデニム生地、そしてブランドで選べばよいだけですが、バイクで使うとなると付加価値はとても重要な選択肢となって来ます。

さて、その付加価値にはいったいどのようなものがあるのでしょう?

それでは、ジーンズライディングパンツの選択肢の一助となるよう、付加価値ついて書き添えてみたいと思います。

プロテクター


出典;KOMINE公式サイト

まず、一番に大切なのが、プロテクターが入っているかどうか。

あるいはプロテクターが入れられるようになっているかどうかと言うことでしょう。

やはりこれが無いとライディングパンツとは言えませんよね。

「俺は転倒なんかぜってぇしねぇべ!」と言い切れる方は別として、いつどのような形で事故が起こるかなんて予想は出来ません。

いざと言う時のためにヒザと尾てい骨を守るインナープロテクターが装着できるものを選ぶようにしましょう。

プレテクター装着タイプのものは、一般のジーンズに比べ、基本的に装着部分のデザインが変ってきますが、それが逆にお洒落に見えたりします。

柔軟性

ジーンズで気になるのは着用してヒザを曲げ伸ばししたときに生地が突っ張ってしまうことがります。

最近では伸縮性のあるストレッチデニムもありますが、それに加えバイク用のパンツでは腰やヒザの曲げ伸ばしをやりやすいようにシャーリング(細かいギャザーを寄せて模様や変化を出すこと)が設けられているものがあります。


出典;KOMINE公式サイト

ジーンズタイプのライディングパンツにもシャーリング付きのものがありますので、できれば違和感なく関節の曲げ伸ばしが出来るタイプのものを選びたいですね。

またシャーリング付きのジーンズは他のジーンズにないデザインなのでお洒落に見えたりもします。

「バイク乗りですよ。」と言うアイデンティティの表示にも役立ちますよね。

立体裁断


出典;楽天市場

ライディングポジションを違和感なくとるために、ストレッチ素材やシャーリングを使うと言う話をしましたが、それ以外に立体裁断と言う手法もあります。

ヒザを曲げた形状に裁断&縫製されたものはライディングポジションを妨げることなく快適なライディングを約束してくれます。

メッシュとコンビになったものも…


出典;KOMINE公式サイト

メッシュ生地と言えばナイロンと思いがちですが、ジーンズにもメッシュ生地とコンビになっているものもあります。

より涼しさを求めるのであればそう言った選択肢もありますが普段使いには少し目立ってしまうかもしれません。

リフレクター


出典;KOMINE公式サイト

夜間走行する場合、バイクのテールランプだけでなく、ウエアにリフレクターが付いていると他車に気付かれやすく安心ですよね。

ジーンズタイプのパンツには、裾を折り曲げるとリフレクターが目視できるようになっているものなどがあります。

ヒートガード付き

バイクの種類によっては、マフラーの排熱によって、ヤケドやパンツの焦げなどが起こる場合があります。

バイクの熱が気になる場合はヒートガード(難燃補強)の付いたタイプを選択することをお勧めします。

耐摩耗性

ジーンズは比較的丈夫に出来たデニム生地が使用されています。

バイク用のジーンズでは、そのデニムをさらに強化したものや、転倒時にダメージを受けやすいヒザやヒップなどと言った箇所の裏地に高強度繊維を使用したものまであり、中にはレーシングスーツに匹敵するような安全性を得たモデルまであります。

安全を考慮すれば耐摩耗性に優れたモデルを選ぶ価値はとても高いです。

ベンチレーター付き

ジーンズと言えども、ハイエンドモデルには風抜きとなるベンチレーターを備えたものもあります。

ジッパーを開けることにより、通気性を確保することが出来るようになっています。


出典;KOMINE公式サイト

ブランドコラボ商品

ジーンズブランドとコラボした製品もあります。

お気に入りのブランドでさりげなくバイクスタイルを決めるのもありですね。

まとめ

いかがでしたか?

一口にジーンズデニムのライディングパンツと言っても、その機能は多岐にわたります。

高価なものはより充実した機能が備わっています。

かと言って、安価なものが使えないと言う訳ではありませんので、最終的には購入者の懐具合と拘りぐわいで決めると言うことになるのでしょうか…。

売れ筋のジーンズライディングパンツをピックアップしてみましたので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。

関連記事:【2020年】夏におすすめ!ジーンズデニムライディングパンツ・ランキング上位8選!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。