おうちBBQ最高!七輪・ホルモン・やきとり最強!&オガ炭の着火方法バーナー編

コロナ禍の中、外飲み自粛している方も大勢いらっしゃると思いますが、おうちで七輪を使ったBBQはいかがですか?

七輪を使ったホルモン焼きや焼き鳥は最強で最高に贅沢です!

この記事では、七輪におすすめの炭やオガ炭の着火方法をご紹介しています。

おすすめはオガ炭

詳しくはこちら↓の記事に掲載していますが、

【間違いだらけの炭の選び】バーベキューに使える最適な炭とは?種類と特徴まとめ!

七輪を使ったBBQにおすすめな炭は、白炭(備長炭)やオガ炭です。

ホームセンターなどで大量に売られている一般的なマングローブ炭は着火性は良いですが、火持ちが悪く、爆ぜるため、七輪を使ってスローに食事を楽しむには不向きです。

値段の差を気にする方も多いですが、白炭やオガ炭は火持ちが良いうえ、七輪は熱効率がとても良く少量の炭で調理が可能ですので、コスト的なものの差は値段以上に小さいのです。

白炭(備長炭)とオガ炭は着火性などの特性は、ほぼ同じですが、硬い広葉樹を原料とした白炭よりも、おがくずを原料としたオガ炭の方が値段が安いため、特にこだわりが無ければオガ炭の利用をおすすめします。

オガ炭の着火方法(バーナー編)

今回はポータブルガスバーナーとマングローブ炭を利用した着火方法をご紹介したいと思います。

オガ炭や白炭は火が付いた後の特性はとても良いですが、火付きが悪いのが最大の欠点です。

とは言え、それほど恐れる必要もありません。

僕的に言えば着火性が良いとされるマングローブ炭に火を着けるのも、オガ炭に火を着けるのも、変わりはありません。

今回はBBQコンロではなく、丸形の七輪を使いましたが、他のコンロでも同じような方法で着火は可能です。

着火

まずは少量の小さなマングローブ炭を七輪の底に並べます。

その時、火力調整用の通風孔は全開にして、風上に向けるようにしてください。

ポータブルバーナーを使ってマングローブ炭に火を着けます。

バーナーはやっぱりIWATANIが最高ですね。(笑)

このトーチバーナーは20年以上使っていますが着火一発!壊れる気がしません。

明るいと火が付いたかどうか確認しずらいですが、そんな時は手をかざして熱気が上がっているかどうかで判断してください。

火が付いたことを確認したら、七輪の高さと面になる程度、適度な大きさのオガ炭を並べます。

後はそのまま放置するだけ!

簡単でしょ?

放置後20分経った状況はこちら↓

少し炭の向きを変えて、更に10分経過した状況がこちら↓

もう、食材を焼いても大丈夫です。

ホルモン焼きや焼き鳥が最高!

本格的な秋になれば、秋刀魚や干物系も良いですが、焼きと言えばやっぱり、肉!

中でも炭火ならではの焼き味を楽しめるのがホルモンや焼き鳥ではないでしょうか?

ホルモンはフライパンなどで焼けば脂が酷く残ってしまいますが、炭火で網焼きすれば、適度に脂が落ちてくれ、落ちた脂が更に燃料となり、ホルモンに適度のな焼け焦げを生んで絶品になります!

やきとりもやはり炭火ならではの風味が加わり、専門店さながらの味に仕上がりますので、ウチ飲みには最高の逸品となります。

何よりも、炭焼きを七輪で楽しむと言うのはレトロ感も加わり、とっても贅沢な時間を過ごすことが可能になります。

関連記事:みんなが選んでる人気のお勧め七輪8選!おうちキャンプで使ってみよう!BBQや焼き鳥にも!

関連記事:【間違いだらけの炭の選び】バーベキューに使える最適な炭とは?種類と特徴まとめ!

関連記事:【コロナ禍】おうちDe七輪BBQに超便利だった100均のあるものとは?!

まとめ

コロナ禍の中、外飲みを控えている方もたくさんいらっしゃると思いますが、七輪には様々な種類があり、卓上で楽しむことができるタイプのものもあります。

家の中で、ホルモンはちょっとまずいかもしれませんが、マンションのベランダで人目を気にすることなく楽しむことも出来ます。

また、オガ炭や白炭は煙の発生量も少ないため、おうちでBBQを楽しむには最適な炭となっています。

まだ、七輪のもたらす幸せを体感したことのない方は是非とも試していただきたいと心から願っています。

   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。